小児弱視等の治療用眼鏡を購入したとき

平成18年4月1日からこれまで保険適用外だった9歳未満の小児の弱視、斜視および先天性白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡およびコンタクトレンズを購入した際に、一定の条件を満たす場合には療養費の支給対象となりました。申請する場合は、「療養費支給申請書」に必要事項を記入し、治療用眼鏡等を作成または購入した際の領収書と医師の治療用眼鏡等の作成指示書または診断書、患者の検査結果または処方箋を添えて、事業主を通して三井健保に提出してください(任意継続被保険者は直接)。

斜視の矯正等に用いるアイパッチおよびフレネル膜プリズムは保険適用外となります。

支給額について

「弱視眼鏡36,700円」「コンタクトレンズ15,400円/一枚」×1.048を上限とし、実際払った金額の7割(未就学児は8割)が保険給付とされます。

例1:30,000円の眼鏡を購入→30,000×0.7=21,000円を支給

例2:50,000円の眼鏡を購入→支給上限額38,461円(36,700×1.048)×0.7=26,922円を支給

更新(作り直し)について

5歳未満:更新前(前回作成時から)の装着期間が1年以上あること。

5歳以上:更新前(前回作成時から)の装着期間が2年以上あること。

申請書類はこちら

療養費支給申請書 書類(PDF) 記入見本(PDF)