高額療養費付加金の支給について

高額療養費付加金について、三井健保では、医療機関からの請求に基づいてその額を算出し、自動的に支給手続きを行っておりますので、申請手続きは不要です()。支給時期は最短でも受診月の3ヵ月後です。支給方法は、事業所をとおして被保険者の方へ支給(任意継続被保険者は届出口座へ直接振込)しています。事業所から被保険者の方への支給方法については、お勤めの会社(事業所)の健康保険担当部署にご確認ください。

医療機関で処方箋を交付され、院外の調剤薬局で薬をもらったときの自己負担額の合計が21,000円を超えた場合、申請により両方を合算して給付を受けることができます。

三井健保の付加給付金

合算高額療養費付加金
合算高額療養費が支給されているとき、高額療養費の自己負担限度額から1人につき20,000円ずつ控除した額。

市町村等の医療費助成を受けているときなど、付加金の支給対象外となる場合がありますので、詳細については当健康保険組合までお問い合わせください。