高額療養費の支給が同一世帯で年4回目からの場合(70歳未満)

医療を受けた月以前の12ヵ月間に、「同一世帯」で高額療養費が支給された回数が4回以上になる場合、4回目からは自己負担限度額が減額され、下表の多数該当の欄のとおりとなります。

ここでいう「同一世帯」とは、健康保険被保険者証(保険証)に記載されている被保険者被扶養者をさします。住民票上の同居・別居とは関係ありません。ご夫婦がいずれも三井健保の被保険者の場合は、2被保険者=別世帯とみなし、世帯合算は行われません。

高額療養費の自己負担限度額(70歳未満、多数該当の場合)

区分 月単位の上限額
標準報酬月額83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
[140,100円]
標準報酬月額53万円以上83万円未満 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
[93,000円]
標準報酬月額28万円以上53万円未満 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
[44,400円]
標準報酬月額28万円未満 57,600円
[44,400円]
低所得者
(住民税非課税世帯)
35,400円
[24,600円]

平成27年度1月1日より変更。

[ ]内の額は4回目以降の限度額。

三井健保の付加給付金

合算高額療養費付加金
合算高額療養費が支給されるとき、1人につき20,000円ずつ控除した額。

「70歳未満の人および高齢受給者」と「後期高齢者医療制度の被保険者」との間では、同じ世帯であっても自己負担額の合算はできません。

申請書類はこちら

高額医療費資金貸付申込書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
限度額適用認定申請書 書類(PDF) 記入見本(PDF)