高額療養費(70歳未満)

自己負担が一定額を超えたときには支給が

イラスト

被保険者は、医療費の一部を自己負担していますが、この自己負担額が一定の額を超えたときに、超えて支払った分は「高額療養費」として健康保険組合から支給されます(下表参照)。また、高額療養費の支給が直近12ヵ月に3ヵ月以上あったとき、4ヵ月目からは限度額が下がり、家計負担を軽減します。被扶養者についても、被保険者本人の場合と同じ扱いです。

自己負担限度額は、被保険者の所得に応じた5つの区分ごとに設定されています。なお、70歳以上になると高額療養費の自己負担限度額が変わります。(減額)

高額療養費の自己負担限度額(70歳未満の場合)

区分 月単位の上限額
標準報酬月額83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
[140,100円]
標準報酬月額53万円以上83万円未満 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
[93,000円]
標準報酬月額28万円以上53万円未満 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
[44,400円]
標準報酬月額28万円未満 57,600円
[44,400円]
低所得者
(住民税非課税世帯)
35,400円
[24,600円]

平成27年度1月1日より変更。

[ ]内の額は4回目以降の限度額。

申請書類はこちら

高額医療費資金貸付申込書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
限度額適用認定申請書 書類(PDF) 記入見本(PDF)