海外で治療を受けたとき

イラスト

海外派遣や海外出張中の人も、国内にいるときと同様に健康保険の給付の対象になります。ですから海外にいる期間も保険料を徴収されています。

ただし、海外には日本の保険医がいませんので、いったん海外の医療機関に医療費を立て替え払いしたのちにそれを証明する書類(医療機関の診療内容明細書、領収明細書、パスポート等海外渡航の事実が確認できる書類の写し、海外の医療機関等に照会を行うことの同意書など)を健康保険組合に提出して、療養費扱いとして払い戻してもらうことになります。申請する場合は、「療養費支給申請書」に必要事項を記入し、診療明細書「内科用」・「歯科用」と領収書、翻訳(翻訳者は本人・家族以外の第三者)、海外渡航期間がわかる書類(パスポート、航空券、その他海外に渡航した事実が確認できる書類のコピー、ただし海外に駐在している被保険者と同行の被扶養者については、「海外療養費申請に伴う事業主渡航証明書」でも可)ならびに海外での療養の内容について療養を担当した医師等に照会することに関する「海外療養費支給申請に伴う調査に係る同意書」を添付して、事業主を通して三井健保へ提出してください(任意継続被保険者は直接)。

申請書類はこちら

療養費支給申請書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
診療内容明細書・医科用 書類(PDF)
診療内容明細書・歯科用 書類(PDF)
診療内容明細書・翻訳 書類(PDF)
海外療養費申請に伴う事業主渡航証明書 書類(PDF)
海外療養費支給申請に伴う調査に係る同意書 書類(PDF) 記入見本(PDF)